メンズビューティーが当たり前な世の中に

menu

本間陽介のブログ

BULK HOMME

温泉を超えた入浴剤、CLAYD(クレイド)

CRAYDと浴槽

良い入浴剤を欲しいと思っている中、たまたま知り合いからプレゼントしてもらった入浴剤がCLAYD(クレイド)。
調べれば調べるほど良い情報が出てくるため、とてつもない期待感の中、実際に使ってみました。Amazonで2日分から買えるので興味のある方は以下よりぜひ。

CLAYDとは

CLAYDはアメリカ西海岸の砂漠地帯で採取された土で、サラサラとした砂のような質感です。その美容効果から様々な高級スパやエステで使われています。アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)で安全性が認められている素材で、成分は酸化マグネシウムや酸化カルシウム、酸化カリウムなどミネラルのオンパレードです。

浸透圧作用により毛穴奥にある汚れにも吸着して引っ張り出します。マイナスに帯電しているため、プラスに帯電した老廃物や臭いを引き出します。遠赤外線による発汗と保湿も魅力です。

品質に非常にこだわりを持っており、合成香料使用なし、化学合成成分もほとんど利用されていません。クレイは金属に触れると劣化してしまうため、パッキングの作業も全て人の手によって行われています。そのナチュラルさから、男性はもちろん赤ちゃんや妊婦さん、肌の弱い方でも安心して利用できます。

CLAYD(クレイド)の使い方

30グラム(1袋)を少しずつ浴槽に入れていきます。この時一気に入れてしまうとクレイが塊になってしまうので、途中手でかき混ぜながらゆっくり入れるのがポイントです。天然素材のため、手ですくって顔なども洗いながら、20分以上入浴するのをおすすめします。

CRAYDを入れて濁るお湯

入浴が終わったら、顔や身体、髪についたクレイをお湯で洗い流しましょう。浴槽のお湯を抜くと、そこにクレイが溜まっていますが、粒子が細かいのでお湯で洗い流しても全く問題ありません。

その他、パックとして利用することもできます。顔の毛穴汚れや角質が気になる方にはおすすめの利用方法です。ガラス製の容器にクレイ:水=1:2の割合で入れてかき混ぜ、2日間冷蔵庫で寝かせます。割合を守って入れば一気にたくさん作ることもできますが、保存できるのは1ヶ月弱なのでこの期間で使いきれる量にしましょう。

2日経つとクレイが水を吸って、ツヤツヤになってきます。パックする際は、クレイが乾燥してしまわないように適度に水分を与えるようにします。入浴中に同時にパックもするのがおすすめです。

CLAYD(クレイド)を使ってみて

最初は1週間分をプレゼントしてもらって使い始めましたが、今ではすっかりリピーターになりました。1週間〜2週間に1度、CLAYDのお風呂に浸かって発汗しています。入浴後も保湿されていてしっとりします。

顔のケアには力を入れていても、ボディケアがおろそかになっている方は多いのではないでしょうか。CLAYDを定期的に使って身体に溜まった汚れを取り除き、すべすべな肌を維持しましょう。

最後に

雑誌やテレビなど様々なメディアで取り上げられて話題のCLAYD。ぜひチェックしてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

本間陽介 このブログを通して男性向けの美容情報を発信することで、メンズビューティーが当たり前な世の中を目指しています。

Instagram

食についてはインスタで更新中↓