メンズビューティーが当たり前な世の中に

menu

本間陽介のブログ

BULK HOMME

使った次の瞬間から髪のハリ・コシを実感できる、ルネフルトレール「トニシア」

トニシアのシャンプーとトリートメント

小さい頃から髪が細く、ハリ・コシがないのが悩みだったので、様々なシャンプーを試して自分に合うものを探してきました。これまで10個近く試した中で、一番ハマったのがこのルネフルトレールのトニシア。かれこれ5年以上愛用しています。一時はAmazonからなくなり手に入りづらくなりましが、現在は復活しています。

ルネフルトレールのブランドについて

マリリン・モンローのヘアが人気を博していた頃、脱色やパーマから来るダメージヘアをケアできる製品はありませんでした。そんな中、ダメージケアを補修して健やかな髪質に導く製品として、60年前フランスでルネフルトレールブランドがスタートしました。

ルネフルトレールの特徴

髪の悩みは下記のように様々あると思います。
・乾燥しやすい
・皮脂が気になる
・フケや角質が気になる
・ハリやコシがない
・ボリュームが出ない
・デリケートで炎症がでやすい
・カラーやパーマで傷んでいる

このようなそれぞれの悩みに合わせて、15以上ものシリーズが展開されています。
トニシアはこのうち「ハリやコシがない」がないという悩みに特化して作られたシリーズです。

ルネフルトレール「トニシア」との出会い

もともと通っている美容院でヘッドスパのメニューがあり、その中にルネフルトレールを使ったメニューがありました。日頃カットをお願いしている美容師の方に髪の悩みを伝えたところ、おすすめされたのがトニシアを使ったヘッドスパでした。

1回で変わることはないだろうと思っていたのですが、わずか数十分のヘッドスパ直後からハリ・コシが感じられました。それまで試していたシャンプーではこんな体験をしたことがなかったので、ついその場でトニシアのシャンプー・トリートメントを買ってしまいました(笑)

ルネフルトレール「トニシア」の特徴

シャンプー

シャンプーの主な成分は、浄化作用のあるオレンジ油と抗菌作用のあるラベンダー油。また、マイクロ小麦プロテインが毛髪に吸着することで強くふっくらとした髪質をもたらします。女性モニターのデータにはなりますが、8割の人が15日の利用後に「スタイリングがしやすくなった」と回答しています。

トニシアのシャンプー

洗っているときにふわっと柑橘系の香りがするので毎日洗うのが楽しくなります。お風呂を出た後もほんのり香りが残ります。

トリートメント

シャンプー同様のマイクロ小麦プロテインに加え、大豆由来のたんぱく質を多く含むシメントリオが弱くなった毛髪を補修します。9割以上の人が髪が強化された、8割以上の人が「毛髪が太くなった」「密度感が増した」と回答しています。

ルネフルトレール「トニシア」の使い方

シャンプー

髪を湿らせた後、500玉ほどの量を取り、頭皮・髪全体に馴染ませます。馴染んだら水を加えて、頭皮を中心にマッサージしていきます。マッサージ後、3分間そのままにしてから水で洗い流します。

トリートメント

シャンプー後にタオルドライをします。10円玉ほどの量を取るのですが、この時一気に手全体に付けるのではなく一旦手首につけておくのが良いでしょうか。手首から少量ずつ指につけ、丁寧に毛髪に揉み込んでいきます。表も裏も、根本から毛先までしっかり馴染ませましょう。2分〜5分放置してから水で洗い流します。シャンプーと違い、週2回〜3回ほどの利用がおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

本間陽介 このブログを通して男性向けの美容情報を発信することで、メンズビューティーが当たり前な世の中を目指しています。

Instagram

食についてはインスタで更新中↓